家を手放す時

住み替えのコツ

売るタイミング

一戸建て住宅や居住用マンションといった不動産を
一度でも購入してしまうと、もうそこから中々
引っ越せないと考えてしまう方も少なくありません。

ですが、家の売却というのは専門の不動産業者に
仲介に入ってもらえば
かなり簡単に行えるように
なっており、売却する一軒家などの住宅が
新しいほど高値で売れるようにもなっています。

簡単に見える

つまり家を購入したとしても、売却して住み替えを
行うことはたとえ新居購入直後でも決して難しく
ないと言えるのです。

親などが介護が必要な状況になってしまったなど、
家を買ったにも関わらず引っ越しなどの住み替えを
行わなくてはならなくなった場合には、なるべく
早めに家を売却することが望ましいとされています。

早目に実行に移す

購入後1年から3年程度の不動産の価格は、たとえ
中古物件だとしてもかなり高額で売れるように
なっているからです。

住み替えのコツはスピード感を持つことなのだと
覚えておいてください。

家を売るときのポイントとしては、不動産売買手続きや
仲介をお願いする不動産業者の選定に力を入れる
ことだと言えます。

具体的に言えば、首都圏から離れている田舎の
地域の場合は地域密着型の不動産業者を、
都心に近い場所で住宅の売却をしたい場合には
全国規模で営業を行っている大手不動産業者を
使うなどの使い分けをしてみてください。

住宅が高く売れるだけでなく、早ければ一ヶ月と
かからず売却が完了する可能性がありますので、
固定資産税の支払いから逃れられるなどの
メリットがあるためです。